よかったらシェアしてください!

スポナビライブをテレビで「高画質に」観る方法~2017年プレミアリーグ対応~

よかったらシェアしてください!

スポナビライブをテレビで「高画質に」観る方法~2017年プレミアリーグ対応~
スポナビライブは、2016年に始まったソフトバンクとヤフーが共同で運営しているスポーツ専門の動画配信サービスです。プロ野球やサッカーやバスケ、テニスなど、あらゆるスポーツが生放送と録画放送で見放題となっています。

そのスポナビライブですが、スマホやタブレット、パソコン、テレビなど色々なデバイスで視聴することができます。

僕は2016年夏からスポナビライブに加入し、主にイングランドのプレミアリーグを観ています。それまでスカパー!をテレビで観ていた人間としては、やはり「スポーツはテレビの大画面で観たい!」という気持ちは強いです。

この1年間、色々なデバイスで試行錯誤しました。

そして行き着いたのが、Amazon Fire TVです。これは上記の「スポーツはテレビで大画面で観たい!」というニーズを、「スポーツはテレビの大画面で高画質にストレス無く観たい!」というものへ昇華して応えてくれるのです。この「高画質にストレス無く」というのがポイントなのです。

この記事では、スポナビライブを観るにあたっての試行錯誤と、なぜAmazon Fire TVがスポナビライブを観るのに一番オススメなのかを書いていきます。僕みたいに回り道しないように参考にしていただけると幸いです。

※サッカー観戦を例に話をしていますがプロ野球等のスポーツでも同じだと考えています。

スポンサーリンク

プレミアリーグを観るならスポナビライブ

世界中で人気のイングランド・プレミアリーグ。本国イギリスでの放映権料の高騰により所属する各クラブが潤い、世界中から一流プレイヤーや監督が集結し、リーグ全体のレベルが上がり毎試合熱い戦いが繰り広げられています。

そのプレミアリーグですが、日本において視聴できるサービスはいくつか存在しますが、一番手厚く放送しているのはスポナビライブです。

プレミアリーグの放送サービス(代表的なもの)

  • スポナビライブ ⇒全節全試合生中継
  • DAZN ⇒毎節5試合程度生中継
  • J SPORTS(スカパー!) ⇒毎節5試合放送(生中継は2試合)

サッカーをはじめとしてスポーツはやはり生での観戦が基本となりますね。その上では、スポナビライブの「全節全試合生中継」というのは圧倒的です。

僕のようにお気に入りのチームがあって、その試合は全部生中継で観たいと思った場合、放送試合数が限られているDAZNやJ SPORTSは選択肢に入ってきません。確実に生中継で観るならスポナビライブ一択となります。


スポナビライブの詳細はこちら(初回1ヶ月無料)

スポナビライブを観るために試したデバイス

Amazon Fireタブレット

まずは元々持っていたFireタブレットを使って観ていました。当時僕が使っていたのは旧型のものですが、いま買える新型はスペックが上がって快適です。

僕も先日、2台目のタブレットとしてFIRE HD8を購入しました。

僕がAmazon Fire HD8(2017年版)を2台目タブレットとして買った理由は動画の「ながら視聴」
僕がAmazon Fire HD8(2017年版)を2台目タブレットとして買った理由は動画の「ながら視聴」
このブログでも何度か書いていますが、2016年の1月からアマゾンのFire タブレットがある生活を送っています。 結構バリバリ使っ...

この記事でも書いてますが、ながら視聴には最適です。タブレットで再生させている間、スマホがフリーになります。僕は今でもこのHD8でスポナビライブを観ることは多いですが、何かをやりながら興味のある試合を流しておくといった使い方です。これはこれでとても重宝しているのですが、やはり自分のお気に入りのチームであればテレビの大画面で観たいという気持ちが強くなり、テレビで観れる方法を探り始めました。

パソコン

スポナビライブはパソコンでも普通に再生することができます。これをHDMIケーブルでテレビとつないで映すことも可能なのです。

この方法は僕にとって2点がネックでした。

まず1点目は、ノートパソコンを普段置いてある場所から移動させないといけないことです。これは実際は大したことない行為なのですが、意外と面倒で億劫になります。。本当に自分は面倒臭がりな人間だなと思います。。

2点目は映像のカクカクさです。

パソコンのモニターで観る分にはそれほど気にならないのですが、テレビに接続して映した時にどうしても映像が本当に少しですがカクカクしてもっさりしてるのが気になりました。あまり詳しいことはわかりませんが、HDMIケーブルで映像を外部出力しているのでその分余計に処理がかかっているのかなぁ?という感覚です。

行き着いたAmazon FIRE TV

ということで、色々と試した末に行き着いたのがこのAmazon Fire TVです。

Amazon FIRE TV(パッケージ)

これはAmazonが出している、複雑な設定不要で簡単に映画やビデオを楽しめるデバイスです。スポナビライブだけでなく、Amazonプライムビデオをはじめ、NetFlixやYoutube、DAZNといった様々なアプリをテレビで楽しむことができます。

僕はこれを買って、スポナビライブの視聴環境が激変しました。このFIRE TVの優れている点をご紹介したいとおもいます。

FIRE TVのメリット① 有線LAN接続

自分は「どうせ観るなら少しでも高画質で」という志向を持った人間です。これを叶えるために色々と調べていたら、どうも有線LANのほうが良いということになりました。

他に検討した類似商品では、Chromecast(クロームキャスト)や同じAmazonのFire TV Stickもありますが、これらは無線LANのみです。一般的に考えて、有線LANと無線LANどちらがスピードが出て安定しているかというと、間違いなく有線LANですよね。

実際に使ってみてもその画質は文句ないです。有線LANにも対応しているというのは、「少しでも画質が良く、映像のディレイを少なく」というニーズに応えるものだと実感しています。下の動画は実際にFIRE TVでスポナビライブのサッカーの試合を映したものですが、映像のスムーズさが良くお分かりいただけると思います。また、画質に関しても「フルHD画質」は本当に綺麗です。

FIRE TVのメリット② 性能

このFIRE TVですが、メモリは2GBをつんでいます。これも動作面においてかなり大きな貢献をしていると思います。

リモコンで操作した感じも全体的にとてもスムーズで驚きます。「インターネット回線で動画を観ている」というとローディングの時間が結構かかるイメージですが、全く無いのが驚きです。

Amazon FIRE TV(使いやすいリモコン)

早送りや巻き戻しのスムーズさも全くストレスがありません。

FIRE TVのメリット③ 安さ

これはアマゾンプライム会員であればなおという感じですが、安さも嬉しいところです。

上で挙げたメリットの有線LANと性能というところだと、Apple TVもかなり同等だと思いますが、金額はおよそ1.5倍~2倍近く違います。実際使ってみて、相当コストパフォーマンスが高いと実感しています。

Amazon FIRE TVの付属品

Amazon FIRE TV(付属品一式)

箱を空けると、付属品はこんな感じで入ってます。
dazn-firetv_13
本体とリモコンです。とてもスタイリッシュ。本体は結構ずっしりとしてます。

本当になぜもっと早く買わなかったのかを何度も後悔しました・・苦笑。スポナビライブをテレビで高画質に、ストレス無く観るには最適なデバイスだと思っています。

関連記事

DAZN(ダゾーン)をテレビで高画質に観るにはAmazon FIRE TVが最高(プレミアリーグ対応)
DAZN(ダゾーン)をテレビで高画質に観るにはAmazon FIRE TVが最高(プレミアリーグ対応)
DAZN(ダゾーン)の襲来により、2017年からJリーグの視聴方法は大きく変わりました。これまでJリーグは、スカパーとずっとタッグを組んで日本サ...
僕がAmazon Fire HD8(2017年版)を2台目タブレットとして買った理由は動画の「ながら視聴」
僕がAmazon Fire HD8(2017年版)を2台目タブレットとして買った理由は動画の「ながら視聴」
このブログでも何度か書いていますが、2016年の1月からアマゾンのFire タブレットがある生活を送っています。 結構バリバリ使っ...
子どもがマインクラフトをやるにはアマゾンFIREタブレットがオススメな理由
子どもがマインクラフトをやるにはアマゾンFIREタブレットがオススメな理由
相変わらず、長男6歳はマインクラフト(Minecraft)にハマっています。 およそ半年くらい前に始めまして、今では世界をこんな感...
スポンサーリンク

よかったらシェアしてください!

管理人アカウントをフォローする

トップへ戻る